タイ:ビジネス街を赤シャツ占拠 反感も--バンコク
 【バンコク西尾英之】タイのタクシン元首相派「反独裁民主戦線」(UDD)約2000人が19日、バンコク中心部シーロム通りにあるタイ最大の商業銀行「バンコク銀行」本店前で集会を開いた。シーロム通りは、農村部が拠点のタクシン派への反感が強いビジネス街。「反タクシン派の牙城」(地元記者)での集会を、ビジネスマンたちはうんざりした表情で見守った。
 最高裁で26日、元首相の巨額資産没収を巡る裁判の判決が出るのを前に、タクシン派は各地で抗議集会を続けている。バンコク銀行が標的になったのは、その経営者が、タクシン派が「06年のクーデターの黒幕」と非難するプレム枢密院議長と近いからだ。
 赤シャツ姿のタクシン派は30階建ての銀行本店前に集結。ビル正面に座り込み「資本家が我が国の民主主義を破壊している」などと気勢を上げた。銀行は業務時間を臨時に短縮。近くの外資系企業で働く男性(39)は「自身の行動が経済をどれほど混乱させているか理解していない」と話した。
毎日JP

この日は集会ですんだけど、先の記事に書いた判決でまた暴動が起こりませんように!去年にはソンクラン(水かけ祭り)が1日中止になり、11月にはスワンナプーム閉鎖。外から見てると、他のタイ人がどう思ってるのかわからなかったりしますが、「自身の行動が経済をどれほど混乱させているか理解していない」なんて、冷静なタイ人もいるようで・・・。というか、ほとんどそうか。

メインメニュー

タイニュース一覧

携帯サイト