ごめんで済んだら警察はいらんとはまさにこのことですね・・・。

スリ常習犯のニューハーフ、土下座して号泣するも......

 2月11日午前5時30分ごろ、英国人旅行者から「ニューハーフのスリを取り押さえた」との連絡がパタヤ警察署に入った。
 警官が通報のあった場所に駆けつけると、そこでは英国人のスタンリニールさん(63)がニューハーフのウィナイ容疑者(23)の腕を掴んで立っていた。
 スタンリニールさんによると、パタヤ市内ソイ・ブアカオのオープンバーで酒を飲んだ後、オートバイで帰宅する途中、ネットカフェに立ち寄ろうとしたところ、ウィナイ容疑者が近づき、売春を持ちかけてきたという。
 その後、スタンリニールさんに抱きつくと、財布をすり、すぐにその場から逃げようとしたが、あっさりと取り押さえられてしまった。
 ウィナイ容疑者は土下座して泣きながら、「許してください。被害届を出さないでください」と懇願したが、スタンリニールさんは聞く耳持たず。容疑者は警察署に連行されることになった。
タイ週報

今まで捕まったことがなかったのなら今度もイケル!と思ったのでしょうか。悪いことはできないものですね。泣いて土下座とか、その場しのぎの行動はタイ人らしい気もするけれども・・・、取られた方はたまらないですね。先日友人がスリに会いました。彼女は周りの人に犯人を取り押さえてもらったのですが、結局被害者として警察で事情を聞かれたそうです。「結構面倒くさかった・・・。」とのこと。犯人が捕まっても捕まらなくても嫌なものです・・・。

メインメニュー

タイニュース一覧

携帯サイト