やりましたね~。

銅だ!高橋 世界一演技点で日本人男子初メダル

 高橋がフィギュア日本男子の歴史に新たな1ページを刻んだ。バンクーバー五輪フィギュアスケート男子フリーが行われ、SP3位だった高橋大輔(23=関大大学院)は4回転ジャンプで転倒するなどフリー5位の156・98点にとどまったが、合計247・23点で銅メダルを獲得した。8位に沈んだトリノ五輪から4年。成長したエースが、日本男子に史上初のメダルをもたらした。

 万感の思いを込めて4度、高橋が力強く両拳を天に突き上げた。自らのすべてを注ぎ込んだ4分30秒。ラストのスピンで体勢を崩しながらも気力でフィニッシュを決めると、込み上げる涙で視界がにじんだ。日本男子フィギュアにとって、悲願のメダル。「五輪という大舞台で、日本人男子で初めてメダルを獲れたというのは、自信にしたいし誇りにしたい。パーフェクトじゃなかったけど、やりきった気持ちだった」。歴史に名を刻んだ23歳は胸を張った。

 フェデリコ・フェリーニ監督の名作映画「道」のテーマ曲で、メダル・ロードを歩んだ。冒頭の4回転トーループで激しく転倒。06年トリノ五輪は大技で転倒して持ち直せなかったが、ここから4年間の成長を見せた。「気持ちを切り替えてできた。成功しても失敗しても、影響のないように練習してきた」。08年10月、着氷の際に右ひざじん帯断裂の大ケガを負ったトリプルアクセルを、得点が1・1倍になる後半に成功。5項目の演技点では全体1位となる8点台をそろえた。因縁のジャンプと持ち前の表現力で、4位・ランビエルとわずか0・51点差のメダル争いを制した。

 感謝の気持ちを演技に詰め込んだ。スケートを始めたばかりだった8歳の頃、練習していたウェルサンピア倉敷のリンクの氷が張り替えられる様子を、父・粂男さん(64)と一緒に何時間も見守った。「みんなの氷、大事にするんだよ。氷に感謝すれば、大事な時に助けてくれる」という父の言葉が感謝の原点。経済的に苦しかったのにスケートを続けさせてくれた家族、中学2年からサポートしてくれた長光コーチ、右ひざ故障からの復活を支えてくれたスタッフ...。演技終了後には大歓声で沸くスタンドに向かって「ありがとうございました」と何度も頭を下げて、その思いを伝えた。

 8位に沈んだトリノ五輪。ヒロインになった荒川静香さんの金メダルを、選手村で首にかけてもらった。「他人のメダルをかけたら自分が獲れないって聞いて、すぐに外しましたけどね」。一緒に帰国し無数のフラッシュと大歓声を浴びる荒川さんを見て、うらやましく思った。悔しかった。その時、目標は決まった。「五輪で金メダルを獲る」――。

 「これ以上、何をすればいいのか分からなかった」とモチベーションが低下したこともある。08年にはライバル織田のコーチを引き受けたモロゾフ・コーチとの師弟関係を解消。手術した右ひざの厳しいリハビリから逃げ出したこともあった。それでも、この4年間、高い目標設定がぶれることは1度もなかった。

 狙っていた頂点には届かなかった。「自分の中では4回転を入れて、パーフェクトな演技することが目標だった」と話したが、悔しさをはるかに上回る達成感がある。「試合が終わるまでドキドキ感を楽しめたので、充実した五輪だった」。夢のような表彰式。ゴールドの輝きに劣らないメダルを首にさげたエースは、再び涙でほおを濡らした。
スポーツニッポン

こちらにいるとなかなか生放送を見れないのが悲しいところ。日本でも平日の朝では生で見られてない人も大勢いらっしゃったかもしれませんね。オリンピックとワールドカップだけ愛国心が・・・と言われる日本ですが、いいじゃないですか!思いきり応援しましょう。フィギュアスケートは本当にオリンピックの花形ですね。