毎年パタヤで開催される、ニューハーフの美人コンテストで、日本人でタレントのはるな愛さんが優勝した。

 タイ中部のリゾート地パタヤで31日、ニューハーフが美を競うコンテスト「ミス・インターナショナル・クイーン2009」が開かれ、日本から参加したタレントのはるな愛さん(37)(大阪府出身)が日本人として初優勝した。

 コンテストは今年で5回目。11か国から日本人3人を含む18人が参加した。

 2007年以来2度目の挑戦で栄冠を手にしたはるなさんは、「人生最高の幸せ。日本社会が、ニューハーフをもっと受け入れるきっかけになればうれしい」と喜びを語った。

準優勝はタイのKangsadal Wongdusadeekulさん、3位はブラジルのダニエラ・マルケスさんだった。

 毎年、世界中から注目されるコンテストですね。皆さんほんとに綺麗です!
 はるな愛さんはテレビでよくお見かけしますが、初めて拝見したときはニューハーフだと言われても信じられませんでした。

 タイはニューハーフや性同一性障害の方を受け入れている社会です。性別が3つも4つもあるように感じます。とてもおもしろいです。日本人も見習うべきところではないでしょうか。

メインメニュー

ニュース一覧

携帯サイト