先週後半、タイ証券取引所では大きな動きがあったようです。株価などほとんどチェックしない私ですが、そのニュースはそんな私の耳にまで届いてきました。

 タイ証券取引所(SET)では10月15日、機関投資家と外国人投資家による大量の売りなどで終わり値がSET指数で5・3%の下落となった。

 これは、国内情勢、そして、国王陛下の健康状態に対する憶測が大きな要因とされている。

 パタリヤSET理事長は、陛下が9月19日から都内シリラート病院にご入院されていることも株価下落の一因との見方を示した。

 株の下落は国王陛下の健康状態が理由とされているようで、そのため株に疎い私の耳にも届く大きな関心ごととなりました。

 
 タイ証券取引所(SET)で先に国王陛下の健康状態に関する風説が流れたため株価が下落したが、アピシット首相は10月18日、「証券取引委員会(SEC)と警察当局がうわさの出どころを現在も調査中だ」と明らかにした。

 風説が事実ではないと判明し、株価は回復することになったが、アピシット首相は、「うわさを信じないでほしい。また、SECは状況を注意深くモニターし、必要があれば、パニックを避けるべく速やかに投資家に説明しなければならない」とコメントした。

 どうやらただの噂だったようで、安心しました。


 

メインメニュー

ニュース一覧

携帯サイト