タイ当局は12月12日、バンコクにあるドンムアン空港に給油のため着陸した貨物機から、北朝鮮製とみられる対空ミサイルなど約35トンの兵器を押収、乗員5人を拘束したと明らかにした。タイ空軍は、貨物機は北朝鮮から輸出目的で兵器を積み込み、目的地に向かう途中だったとみている。

 押収された兵器は対空ミサイルや可搬式の対戦車ロケット砲など数十基に上る。

 タイ外務省の副報道官は、6月に採択された国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議に基づく措置だと述べた。北朝鮮の2度目の核実験を受けた6月の安保理決議には、同国からの武器禁輸拡大などが盛り込まれている。

 タイ当局は、同機が北朝鮮からの兵器輸出を企てているとの情報を米国から得て、警察と陸軍、空軍合同で機内を捜索した。貨物機は旧ソ連で設計されたイリューシン76型で、国籍はグルジア。出発地は平壌とみられる。一部地元メディアは、同機の目的地はウクライナと報じているが、スリランカとの情報もあり錯綜(さくそう)している。

 拘束された5人のうち1人はベラルーシ人で、残る4人についてはカザフスタン人とみられる。

 北朝鮮にとって武器輸出は重要な外貨獲得源の一つ。安保理による制裁強化後も、8月にイランへ向かう貨物船から北朝鮮製兵器が見つかり、安保理決議違反だとしてアラブ首長国連邦(UAE)に押収された事件が明らかになっている。

 北朝鮮の密輸ルートにタイが使われていたなら、少し怖いです。観光産業などへの影響は少ないと思われますが、事件が早く究明され、平和なタイ、平和な空港に戻るよう願います。

メインメニュー

ニュース一覧

携帯サイト