現在のタイ国の地にいわゆるタイ族の国家が形成されたのは、13世紀ごろのことです。

 紀元前後には中国南部に住んでいたモン、クメール、タイを始めとする様々な部族が、漢民族の進出におされ現在「タイ」の名で知られるこの地域に次々と押し寄せたとされています。そして、5~6世紀には「チャオ」と呼ぶ首長のもとで森を田に変え、人口も増加し「ムアン」と呼ぶ城市を建設。それが今のタイ北部、ラオス北部、中国南部の祖先といわれています。
 9世紀頃になるとモン族国家が繁栄し、タイ族は10世紀頃に大陸部高地のラオス全域と北タイに展開しています。