みたい映画ナンバーワンです。

「脚本読んで電気が走った」=ベルリン映画祭で女優賞の寺島しのぶさん
2月21日18時53分配信 時事通信
 「午前4時にネットで結果を見てから一睡もできなかった。一夜明けて、じわじわ効いてきました」。第60回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した女優の寺島しのぶさん(37)は21日、舞台出演のため滞在中の大阪市で喜びを語った。
 「キャタピラー」の台本を若松孝二監督にもらって初めて読んだとき、「体に電気が走った。女がほとんどない監督の手法が自分には合っていたといい、「夫婦の密接で濃厚な関係を、たった12日間の撮影で表現できた」と話す。
 受賞を機会にさらなる飛躍も期待され、「映画も舞台も、(今回のように)電気が走るような作品に全力投球したい」と表情を引き締めた。

優としてこれはやらないといけないと感じた」と言う。キャスティングの理由は「もんぺが一番似合う女優だから」で、「真っ先にわたしが浮かんでくれてうれしかった」とほほ笑む。
 リハーサルがほとんどない監督の手法が自分には合っていたといい、「夫婦の密接で濃厚な関係を、たった12日間の撮影で表現できた」と話す。
 受賞を機会にさらなる飛躍も期待され、「映画も舞台も、(今回のように)電気が走るような作品に全力投球したい」と表情を引き締めた。

エンターテイメントの世界でも日本人の進出がどんどん進むといいですね!オリンピックも熱いけど、こっちも熱い!

ところで私はこの映画の原作・江戸川乱歩の「芋虫」という小説が大好きです。江戸川乱歩というと、推理小説のイメージがありますが、この作品は人間の深い暗い部分や感覚ということを描いた作品です。正直グロいところもあるので「気持ち悪い。」と思う人も多いでしょうが、妙に心に残って江戸川乱歩が好きになった作品です。基本的に古典は好きじゃないんですけどね。お暇なかたはぜひ・・・。