バンコクでシーフードを食べるならここ!

タイは「チャオプラヤー川があるから、食べ物に困ることがない。」と言われるほどシーフードが豊富。暑い国ですから、鮮度には気をつけなければなりませんが(ナンプラーグンソットと言われるエビの刺身を食べて当たったことがあります・・・。)お手軽な値段でシーフードを楽しめます。

タイで食べるシーフードといえば?
「あなたの一票コーナー」で「タイで食べるシーフードといえば?」という質問に、みなさんから投票をしていただきました。

トム・ヤム・クンやプーパット・ポン・カリーなど、有名な料理に使われているからでしょうか。エビとカニがとトップで33%。次は貝類の22%、一番少なかったのは、シャコの11%でした。

代表的なもの以外にも、タイにはまだまだたくさんシーフード料理があります。そして、街にはエビやカニを形どったネオンで飾られた店がいたるところで見られることから、人気の高さがうかがえます。

今回は、投票の結果より人気のあったエビやカニ料理が新鮮、安い、美味しいと話題の、レストランとオススメ料理をご紹介します。

大衆食堂から一躍有名になったジェー・ンゴー・キッチン

最近、地元タイ人の間でシーフードを食べるならここが美味しい、とよくオススメされるレストラン「ジェー・ンゴー・キッチン」。ジェーはお姉さん、ンゴーは名前なので、日本語に訳すと「ンゴー姉さんの台所」という意味です。このレストランは1999年にバンコク市内(チャルンクルン通り)に第1号店をオープンさせ、その美味しさと素材の新鮮さが評判となり、今ではバンコク市内に12店舗を構えるほどになりました。

本店はいかにも大衆食堂という雰囲気で、初めて訪れるには少し躊躇してしまうかもしれません。そこでぜひ足を運んでもらいたいのが、交通の便も良いスクンビット通りソイ20支店(BTS最寄駅ポロンポン)と、サウス・サトーン支店(地下鉄最寄駅ルンピニ)です。

どちらのお店もバンコクの中心部にあり、ホテルやショップが立ち並ぶエリアにあります。店内も清潔感に溢れており、ファミリーや女性同士でも入りやすいカジュアルな雰囲気。特にスクンビット・ソイ20支店のインテリアは必見。天井がテント(パオ)風になっており、アジアン・ムード満点です。メニューも写真付きなので、料理の名前が分からなくても美味しそうなものを指差して選べば大丈夫ですよ。
ALLABOUT

私も行きましたが、おいしかったです!